COLUMN
ボルダリングデビューの前に

  1. HOME > 
  2. ボルダリングデビューの前に

ボルダリングデビューの前に|ボルダリングジムロックメイト

ボルダリング初心者の方やお子様、女性など、性別や年齢問わず誰でも気軽に楽しんでいただけるスポーツです。
ジムなどの室内で行うため、天候にもとらわれずいつでも気軽に楽しむことができるでしょう。

気軽に始められるボルダリング

ボルダリングには特別な道具や服が必要なく、動きやすい服装とクライミングシューズ、チョークだけで気軽に始めることができるとてもシンプルなスポーツです。クライミングシューズやチョークはレンタル可能なので、手ぶらでお越しいただいてもすぐに始めることができます。

シューズをレンタルする時には、サイズ選びにポイントがあります。サイズはいつも履いているサイズよりも、若干きついくらいのサイズがおすすめです。少しきつめで、つま先立ちできるぐらいのサイズがホールドに立ちやすいシューズといえるでしょう。シューズが大きいとボルダリングの最中に抜けてしまったり、うまく踏ん張れなかったりと、不都合が出てきます。いくつかサイズを履いてみて最適なクライミングシューズを選びましょう。

身だしなみで気をつけたいポイント

  • 爪きり
  • 安全に楽しんでいただくためにも、身だしなみでいくつか気をつけていただきたいポイントがあります。手の爪は、伸びた状態ではホールドが掴みにくくなってしまいます。またホールドに引っかかり、爪が割れたり剥がれたりする恐れがあるため、安全のためにも短く切っておきましょう。足の指も同様にタイトなシューズで指先を痛めないよう短く切っておくと良いでしょう。

    アクセサリーや時計などの装飾品は、キズや怪我の原因になる恐れがあり、眼鏡もクライミング中に落下してしまう危険性があります。装飾品は外していただき、眼鏡の方には眼鏡バンドの装着をおすすめします。また髪の毛が長い方は、まとめておくとより集中して楽しむことができるでしょう。

十分なストレッチと安全の配慮

  • ボルダリングでは、普段の日常生活で使わない筋肉を使用するため、登る前にまずは柔軟性を高めるストレッチが大切です。入念に準備運動やストレッチを行うことは、怪我を防ぐことに繋がります。ストレッチは部位ごとに10秒から20秒ほど行い、深呼吸をしながら無理をせずゆっくり伸ばしていきましょう。

    またボルダリング中の休憩も忘れてはいけません。こまめに休憩をとってストレッチを行い、疲れを低減させながら行うことが大切です。安全への配慮を認識することで、よりボルダリングを楽しむことができるでしょう。
  • ストレッチ

ロックメイトでは未経験の方でも安心な初心者向けコースをご用意しており、登り方の指導やアドバイスもいたします。ウェアや靴下などのレンタルやシャワーも完備しておりますので、関西にご旅行の際も手ぶらでお気軽に体験することが可能です。関西地方でボルダリングができるジムをお探しであれば、ぜひロックメイトをご利用ください。

両店ともにホールド替えの際にお休みをいただくことがあります